全ての記事を読む

豊胸「何歳から」「何歳まで」手術を受けることができるのか?

豊胸手術を受けられるのは何歳から何歳までだと思いますか?

実は日本には豊胸手術の年齢制限がありません。

豊胸大国アメリカにでさえ、シリコンバッグの使用は22歳からと決められています。

イメージ的にはアメリカの方が豊胸に対してのハードルが低そうな感じがしますが、豊胸が普及したのは1980年代からですが1990年頃に合併症などの問題がでてきました。

それまでの10年間は特に調査などはなく、気軽にシリコンを入れる手術が行われていたんですね!

それから色々なリスクを考えてアメリカでは年齢制限が設けられました。

何歳から豊胸手術受けられる?

日本では未成年であっても親の同意書があれば手術を受けることができます。

だからといって小中学生の女の子に手術をするようなクリニックはありません。1番成長が著しい期間なのでほとんどの所で断られます。

が、高校生になると受け入れられてきます。モデルやタレント活動をしている人達も仕事の幅を広げるために豊胸を受ける人が多くなっています。

また、未成年集団のとあるアイドルグループの中でも高校生くらいから豊胸手術を受けて胸を大きくした人もいます。

これは考え方にもよりますが、豊胸手術をしても「まだ成長期だから」と胸が大きくなってもごまかしやすいこともあるかもしれませんよね。

⇒ 豊胸の疑いがあるといわれる芸能人たち

豊胸年齢別%

実際にいくつかのクリニックにカウンセリングを受けに行った時、待合室にいた女性の割合です。15年以上前から現在にいたるまで、通院しながら統計をとってみました。

10代 5%

20代 20%

30代 35%

40代 25%

50代 10%

60代以上 5%

10代の女性が5%となっていますが、これは地域にもよると思います。東京など関東方面になるともう少し多いのではないかと思います。

また豊胸手術はかなりお金がかかるため、金銭的に余裕が少しでてくる30代からが多くなってくると思います。また子育てを終えた40代の女性が自分磨きのために豊胸する人も増えてきました。

豊胸手術、中年女性は恥ずかしい?

私が初めて病院に豊胸手術の無料相談に訪れたのは今から15年前になりますが、その時は待合室もまばらでほとんどが一人で来られている30代~40代の女性ばかりでした。

お互い目を合わさずにひっそりと自分の番を待つ感じ。

ですが毎年クリニックに行くたびに待合室には人があふれ、友人同士や夫婦で来院しているのを見かけるようになりました。

その中に、以前はほとんど見かけなかった50代~60代くらいの女性が増えてきました。昔に比べ、今の60代は本当に若くて「まだ綺麗でいたい」という願望を持った人も多いのがわかります。

他の年代の女性に比べると、やや恥ずかしそうに?している感じがあるかもですが美意識が高いなぁと個人的には思いました。

私も50代・60代になってもあきらめずに体を若返らせる努力はしていくと思いますもんね。

ちなみに60代の女性芸能人はこちら※2019年時点

・大地真央さん(64歳)

・夏木マリ(68歳)

・萬田久子(62歳)

・黒木瞳(60歳)

・アグネス・チャン(65歳)

・中島みゆき(68歳)

ところが2017年のabemaTVで「70代女性の豊胸手術が増えている」という事が話題になりました。

70代と言えば、中には介護を必要とする人もいる年代ですが豊胸手術はかなり負担になりそうですよね。

今の日本女性の平均寿命は85歳以上と言われていますが、寿命が長くなり老後を楽しく過ごしている人が多くいます。

友人たちと温泉に行ったりして、裸を見られる機会もあるので綺麗でいたいと思う女性が多くなったそうです。

また今後介護される側になったときに、垂れた胸では恥ずかしいので豊胸手術を受けるという人も。

確かに私も70代になったとしても、老いた体を少しでも綺麗に見せたいという欲求が出てくるかなと思いました。完全に老化を止めることはできませんが、きっと未来はもっと豊胸の技術が進みどんどん若返りが簡単に出来る世の中にになっているでしょうね。

現在はシリコンバッグが入っていますが、もし次も破損したらエイジングブレストを考えています。バッグを取った空洞にヒアルロン酸を注入する術式です。

まだ症例数は少ないですがこれに移行する人も増え、あと10年後もすれば選択肢も広がってくるような気がします。

豊胸して年を取るとどうなる?おばあちゃんになる前に考えること

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です