全ての記事を読む

大手7社比較【豊胸料金】くわしく解説!術後にかかるお金はいくら?



豊胸手術には保険適用外なので、莫大なお金がかかります。

料金は病院やクリニックによって少し差がありますが、私の場合初めての手術は15年前で手術代金が総額で80万円くらいになりました。

豊胸手術にかかるお金は全部でいくらなのか?内訳やアフターにかかるお金はどのくらい?を解説します。

ナグモクリニックの現在の料金はこちら

豊胸料金くわしく解説!

① 手術費用
まず、ここではシリコンバックについての値段を解説したいと思います。

しっかりと大きさを出したい豊胸手術はシリコンバッグを入れるものになりますが、これは入れる大きさにより少し値段が変わってきます。

が、だいたいの相場を知っておくと「この病院は高いのか・安いのか」がわかるようになります。

実際に大手の豊胸手術の料金を比較してみました。この値段はシリコンバックをするなら1番おすすめのMotivaの製品での比較になります。

費用にはシリコン代と手術費用が入っています。相場は70万~80万円台となりますが平均は75万円というところ。

この値段はMotiva製品になりますが、かなり安い値段の場合は違う商品を使っていたりする場合があるので必ずメーカーをチェックすべきです。

また、Motiva以外の商品でこのくらいの料金設定ならあまりおすすめできない病院だと思います。

② 初診料(3,000円)
病院に初めて行った時にかかる費用です。豊胸について気になることや不安の相談が受けられます。

また、実際に自分の胸を見てもらい希望の大きさにできるかどうかなどアドバイスを受けることができます。

だいたい3,000円が相場ですが、無料でカウンセリングを行っている病院もあります。

③ 血液検査費用(15,000円)
これも病院によって若干の差がありますが、平均でこのあたりになります。血液検査費用はローンには組まず手術当日に現金で支払うことになります。

この検査では色々な感染症やHIV検査も行い、当日術後に診断表を渡されます。

④ 入院費(オプション)
こちらは遠方の人や、どうしても1日病院で様子を見て欲しい人。

入院費も保険がきかないので、1日10,000円~15,000円程度になります。こちらも当日に現金払いです。

この入院の部屋ですが、個室ではないことが多いです。わたしが施術したナグモクリニックではベッドが4台あり、カーテンで仕切られているような部屋でした。

ほとんどの人が日帰りで帰られます。

豊胸アフターにかかる費用は

術後1週間後に検診があります。その時にかかる費用は1,000円前後でした。胸にしこりができていないか、脇の傷跡などの経過観察をするだけなので、とくに何も施術はされません。

どうしても痛みが引かない人は痛み止めを追加でいただくことができます。

その後は1カ月後・半年後と診察の期間が延びていきますが、いずれも数百円~高くても2,000円程度になります。

支払い方法の種類やカードは?

支払い方法は3種類あり、現金払い・カード決済・ローンのいずれかになります。

手術費用がかなり高いので持っているクレジットカードの限度額も確認しておきましょう。

万が一、限度額が低い場合は2枚など複数使うこともできます。

ちなみに私の場合はアプラスでローンを組みました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です