全ての記事を読む

【豊胸手術】日帰りの流れや内容は?手術はこうして進められる



豊胸手術はだいたい午前中9時からに始まり、半日ほどかかります。

手術当日の流れや、それぞれのかかる時間などを詳しく紹介したいと思います。

⇒手術日が決まったら事前に用意しておかないと後悔するものを見ておこう!

豊胸手術当日の流れ

まず色々な事前検査があるので病院に朝9時には到着しなければいけません。

病院に到着すると、カーテンで仕切られたベッドが4つほど並んでいる部屋に通されます。

そこで服を脱ぎ紙パンツのみの姿になり、看護師さんが入ってきて壁に立たされ写真撮影。

ビフォーアフターのためですね。

その後に血液検査をしますが、もちろんHIV検査も同時に受けることになります。この結果は術後すぐにシートとなって渡されます。

そんな感じで1時間が過ぎ、名前を呼ばれて手術室に向かいます。

なんとも無機質で殺風景な部屋なので少し恐怖感が出てきました。

リクライニングシートのような大きめの椅子に座り、看護師さんが手早く紙の前掛けのようなものを着せていきます。

この作業がだいたい15分くらいかかります。

ナグモクリニックでは麻酔を背中からうちます。その時わたしは極度の緊張感からか、とてつもない吐き気に襲われました。

⇒麻酔をうつ時が緊張感のピーク!気になる傷跡や痛みはどれほど?!

そのうち麻酔の点滴が打たれ、10も数えないうちに眠りに入ります。

 

「 〇〇さん!! 」と肩を叩かれ、麻酔から目が覚めます。

目を開けると、まだ手術室のリクライニングシートに寝転んだままの状態に。

ゆっくりと起こされて、付き添われながら歩いて最初の部屋へと連れていかれてベッドに横になります。

何分経ったんだろう?

時計を見ようと思っても腕に力が入らない。

もう、糸の切れた操り人形のようにベッドに横たわるしかありませんでした。

後で聞くと手術の時間はだいたい1時間くらいだったらしいです。

術後すぐの痛みの対処方法

しばらくするとベッドの中で徐々に麻酔が切れてきたようであまりの痛みに私は看護師さんを呼び、わたしは「痛すぎます・・・」と悲痛な声で訴えました。

するとスッと、どこからか座薬を持ってきて私のお尻にスッと入れていただきました。

さすが座薬の事だけはあって数分ほどで痛みが引いていき、1時間ほどベッドで眠ることができました。

豊胸手術直後の様子と帰宅方法は?

「さあ、帰宅の準備をしましょうか」

またまた看護師さんの声で起こされ、身支度を一緒に手伝ってもらいます。

術後すぐの胸には両脇には何枚ものガーゼがしっかりと貼られてあり、胸にはパッドのようなもので固定されその上から包帯がぐるぐると巻かれています。

このとき、一人ではどうしても服を着ることができないほどになっています

冬場は雪だるまのように膨れ上がり、ダウンなどを着ることもままなりません。

 

その後、帰宅になりますがわたしの場合は大阪のナグモクリニックだったのでタクシーは簡単に拾えました。

帰りの道中、揺れが傷に響くので「もうちょっと、ゆっくり・・・」と、何度か運転手さんに懇願していました。

朝の9時にはドキドキしながら訪れたのに、帰るころには夕日が見えてました。

「 あっけなかったな。。。」

自分の中では大手術だったのに、およそ半日で簡単に終わってしまいました。

豊胸手術日帰りで大丈夫?

手術の説明を受ける時に「日帰り」か「入院」を選ぶことができます。

初めての時は、絶対入院でしょ!!

と思っていましたが看護師さんによると入院するのは、かなり遠方から来た人のみでほとんどが当日に帰宅する日帰りを選択するそうです。

わたしの自宅は病院から車で30分ほどだったのでじゃあ私も日帰りで、ということになりました。

ちなみに入院するとなると、ベッド代で約15000円前後かかる病院やクリニックが多いです。ナグモクリニックの場合は15,000円でした。

個室でもないのに高額な料金は保険がきかないから?

 

豊胸手術を終えると、歩いて電車に乗って帰るのはかなりきついと思います。

出血がひどいので貧血気味になるし、電車が混雑時の場合人にぶつかるのがとても怖いからです。

できるだけタクシーを利用するか、誰かに迎えにきてもらうことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です