全ての記事を読む

3回も豊胸手術した脇の傷写真を公開します!腫れや痛みはどう変わる?



シリコンをいれる豊胸手術で1番気になるのが「脇の傷跡

だいたい4㎝~5㎝ほどメスで切ってからバッグをいれるという手術なので、術後すぐから2週間ほどはズキズキと痛みます。

この痛みは個人差がありますが、私の場合は1カ月で完全に感じなくなりました。

さて、傷跡の方はどうなるのでしょうか?

脇の傷はどう変わる?時系列で解説します!

シリコンバックを入れるには、必ず脇を切開しなければいけませんがこれが痛い!

術後すぐは、赤チン?のような消毒液を大量に塗られて、その上からカット綿をしっかりと何枚も貼り付けられます。

ここからこの脇の傷はどのように変わってくるのでしょうか?!

術後すぐから半年後までの脇の傷を、時系列で解説していきます。

経過日数傷の様子
術後1日目大量の出血なのでガーゼで止血。痛みピーク
術後3日目出血が治まりガーゼからばんそうこうに切り替える。内出血で肌が青くなる。
術後10日目内出血が治まり傷跡がミミズ腫れが大きく赤くなる
術後1カ月目腫れが少し治まるが赤みはそのまま
術後3カ月目赤みが消え肌色に。まだ腫れているが縫った跡がわかるようになるが痛みはない。
術後6カ月目腫れがなくなり縫跡が少し小さくなるが、脇のしわよりも目立つ。触るとボコボコしている。

豊胸手術5年後の脇の傷写真!

私の場合、シリコンバックが2度も破損して手術を計3回も受けています。せっかく脇の傷が目立たなくなったと思ったらまた切開!切開!

最後の手術を受けてから約5年後の脇の傷がこちら!!

↓ ↓ ↓

ここを3度も切開しているわけです。が、その割にはそんなに目立たない?と自分では感じています。

3回切開してこの傷跡なら、1度だけの手術の人はもう少し薄いはずです。

このくらいの傷なら電車のつり革を持っているくらいならガン見されない限り、しわに隠れてわかりにくいかもしれないです。

ここは、執刀してくれる先生の腕にもよると思うんですが、数年経てば、ガン見さえされなければ大丈夫と思ってもらっていいと思います。

脇の傷を目立たなくする方法

色の白い人は特に脇の傷が目立つ可能性があるので半袖を着る機会の多い、夏場はどうしても気になりますよね。

そんな時におすすめなのがあざも隠れるボディコンシーラー

↑ コンシーラーランキング1位になりました。

化粧品のコンシーラーだとカバー力が少し物足りませんが、あざや傷跡も隠れると人気の商品です。

特に脇は汗をかきやすいのでカバー力は大事です!

脇の傷早く治す方法

実際にわたしが実践した、傷跡を早く治した方法をご紹介します。

まず心がけたのが「乾燥させること」です。

転んでけがをした時も同じですが、じゅくじゅくのままだと傷の治りが遅いですよね。

術後すぐにガーゼなどを貼り替えるときは「オキシドール」で消毒をしていましたが、その後に使えるのがこれ!

手術の縫合専用の「傷跡を綺麗にするテープ」で炎症も抑えてくれるので、早いうちから利用することをおすすめします。

手術をする病院も推奨しているので安心して使用することができます。

とにかく雑菌を生みやすい脇を、清潔に保つことが大切です。怖がらずにシャワー等で綺麗に洗い流したあとは、乾燥すること!

しっかり乾燥させたら、この傷テープを貼ります。なるべくお休みの日に1日中貼っておくことをおすすめします。

脇フェチの旦那さんや彼氏でない限り脇を広げてガン見されることはないと思いますが、目立たなくなるまで頑張って隠し通しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です