全ての記事を読む

乳首の色変えたい!自分で薄くする方法と白くなると効果あるクリーム



豊胸でバストに自信が持てたらもう1つの悩みも解消したいと思いませんか?

それは・・・乳首の色。

出産を経験すると多少なり乳首の色に変化がでてきて個人差がありますが、中には黒くなってしまう人も。

そこでわたしが使ったクリームで1番効果のあったものを紹介したいと思います。

出産で乳首の色が変わる理由?

よく言われることが「赤ちゃんが見やすくなるため」だそうです。

生まれたての赤ちゃんはまだ目が見えにくく、生命の源になる母乳を飲むとき薄い色の乳首だと探し当てることができません。

そこでお母さのおっぱいを探し出せるように乳首の色が変化するという説があります。

中にはほとんど変わらない人もいるようですが、半数以上の人は個人差がありますが少し濃い色になってきます。

私も元々は薄いピンク色だったのに、出産を2度終えた頃には茶色になっていてとてもショックを受けたものです。

乳首の色を自分で白くする方法

これから豊胸を受ける人、すでに手術が済んだ人。実は乳首の色も自分で変えることができるんです!

大きなバストになったはいいけど、そこについている乳首が黒っぽかったり茶色だったりするとビッチ感が出て困る人もいるはず。

コスメハンターだった私は市販のありとあらゆる美白という名の商品に手を出しました。

飲んでみたり、塗ってみたり、貼ってみたり。

1週間ごとに写真をとり経過を記録につけ、効果を試していたんですが1カ月経った頃でも「 薄くなった! 」という実感がなく悩んでいました。

あくまでも個人の意見になりますが、今まで使用してきた商品の簡単なレビューです

商品名良かった点悪かった点
ドクターシーラボ 薬用ボディ・ピンク 乾燥がなくなり潤った1番長く使用したが効果なし
べっぴんボディ バージンホワイトセラム香りが良くべたつかない効果あるかも?と一瞬錯覚に陥るがほぼ変化なし
Lapomine ロコシャインひざの黒ずみは薄くなる時間たたない黒ずみには効果あるが色素までは対応できない
薬用ヴァージンピンク2カ月以上使用で少し実感ジェル状なので塗りにくい

美容成分を色々と調べてみると色素を白くするにはハイドロキノンという成分が必要になります。

言うなれば、肌の漂白剤ですね。

上に並べた製品のどれにもハイドロキノンが配合されていないので、実感がないのは当たり前。

法律ではハイドロキノンが配合される量が決まっているので、もし市販で出ていたとしても1%前後のものばかり。

そこで薬局から直で販売されている商品に出会いその効果が凄い結果になりました!


 

この商品を使った実感と、白くなっていく経緯を下記にくわしく解説しています。

昔は、5%以上の配合量は皮膚科に行って処方してもらわなければいけませんでしたが現在では市販でも手に入るようになりました。

ネットなどでもう少し安く2%の配合で販売されているのを見ますが、ほぼ効果ないと思ってもらえたらと思います。

また、5%の配合なのに通常価格で5000円以下での販売されている商品は成分表を見てみると「ピロ亜硫酸ナトリウム」やのびを良くする「コーン油」なども含まれているのでおすすめできません。

これらの成分はアレルギー反応が出やすいと言われています。

良質のハイドロキノンクリームは正直高いです!が、今まで使用してきた美白クリームの中では効果が抜群だったので、おすすめ。

もし、特にアレルギーもなく肌が強い方だと言うと人はお試しで少し安く販売しているクリームがあります。

お試し2990円 ハイドロキノンの実力

さきほどの解説したピロ亜硫酸ナトリウムが微量しか入っていないので、こちらで試してみてもいいかなと思います。

1番効果的な使い方

毛穴が広がっていて浸透しやすいので、必ずお風呂あがりに使用します。

しっかりと水気をふき取ってから、キノンクリームを乳首とまわりに薄く塗り広げます。

クリームはたっぷり厚みがでるほど塗っても効果は同じで、中に浸透させるために薄く塗るのが効果的です。

乾くまで1~2分ほど時間をおき、塗り終わったら綿の下着やシャツを着て寝ます

ツルツルとした化繊の下着は、こすれると肌が黒ずむのでできるだけ綿素材をおすすめします。

1週間で変化が!乳首がピンクになるまでの流れ

1週間ほどすると、なんだか乳首がかゆくなってきました。

見てみると乳首がかさぶたのようになってきています。

めくろうとするとまだ張り付いている箇所があるので、そのまま2日ほど放置していました。

2日後お風呂上りにかさぶたがふやけてきたので、そのまま軽くめくってみると綺麗にはがれました。

すると、はがれた後の皮膚が以前よりも薄くなっているんですね!

これは色素沈着した古い皮膚をはがして、乳首の皮膚のターンオーバーを促していると感じました。

この流れを2、3回ほど繰り返し最初の頃よりも2トーンほど明るくなってきたんです。

古い角質が剥がれ落ちて、新しい皮膚が顔をだす。

こんなにも、わかりやすい効果を得たのは初めてだったんですね。

だいたい3度繰り返すとなかなかかさぶたが出来にくくなったのか変化はありませんが、やはり色素がどんどん薄くなってきています。

納得いく乳首の色になるまでに、かかった期間は?

私の場合、だいたい2カ月くらいでした。

最初の1週間から10日で大きな動きがあって、そこからは緩やかな変化になります。

色々なサプリに手を出していた時間が本当にもったいなかったと思いますが、値段に躊躇はしたものの思い切って試して良かったと思っています。

乳首も綺麗な色になった事だし、さあ、あとは豊胸するだけだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です